お薬のお渡しまでの流れ

お薬のお渡しまでの流れ

Flow

患者様にお薬をお渡しするまでの流れを簡単にご説明いたします。

1.処方箋を受付にお渡しください。

医療機関で発行された処方箋をお渡しください。お薬手帳をお持ちの方は処方箋と合わせてお渡しください。お薬手帳はすぐに発行できますのでご希望の方は受付までお申し付け下さい。

初回質問票について

当薬局が初めての方には初回質問票にご記入をお願いしています。 患者様一人ひとりの体質や生活習慣を確認するための質問用紙です。

初回質問票(PDF)のダウンロード 初回質問票(EXCEL)のダウンロード

2.処方箋の内容を確認します

処方箋の内容、薬歴などを確認します。用法・用量は適切か、飲み合わせに問題がないかなどについて、処方せんやお薬手帳、薬歴から確認します。不明な点があれば、処方した医師に問い合わせをすることもあります。

3.お薬を調剤します

調剤とは、処方箋に基づきいろいろな薬剤を調製することです。患者さまにわかりやすく、飲みやすいように分包したり、粉砕することもあります。軟膏や混合の場合はお時間をいただくことがあります。

4.お薬の説明をしてお渡しします

お薬の飲み方(用法、用量、服用方法)やお薬の効果、注意事項などを説明します。患者さま一人ひとりに合わせたわかりやすい説明を行います。 わからないことや不安なことがありましたら、お気軽にご相談ください。

5.お会計をします

調剤報酬の計算を行い、患者様より負担金をいただきます。現金、各種クレジットカード、電子マネーでのお支払いが可能です。

各種クレジットカード、電子決済がご利用可能です

お薬手帳について

お薬手帳は、あなたの「お薬の履歴書」です。処方されたお薬の名前や処方された日時、回数などの記録が一冊にまとめて記録されています。副作用歴、 アレルギー歴などについても記入できますので、いざというときに安心で役に立つ手帳です。診察券や健康保険証などといっしょに大切に保管しましょう。

  • 医療機関受診時はお薬手帳をご持参ください

    医療機関を受診する際も持っていくことで、お薬の飲み合わせが確認ができます。またお薬の副作用やアレルギーがでていないかも確認できるなどのメリットがあります。

  • お薬手帳は1冊にまとめましょう

    おくすり手帳を複数冊持っていると、他の医療機関で処方されている薬の飲み合わせを把握するのが難しくなります。ご自身が服用しているお薬の情報を1冊にまとめて、医師や薬剤師に正確な情報を伝えることが重要です。

  • アレルギー歴や副作用歴を記載しましょう

    お薬による副作用歴やアレルギー歴を記入しておくことは重要です。似た成分の薬で同じような症状が出る可能性を未然に防ぐことができます。

  • 市販薬(サプリメント等を含む)を購入する際も役に立ちます

    薬の組み合わせによっては、思わぬ副作用や体調不良を招く恐れがあります。また逆に薬の効果が十分に得られないこともあります。手帳を持参することで、薬剤師から適切なアドバイスを受けることが出来ます。

ページトップへ